トップ > お知らせ > 【事務連絡】スマートドラッグの個人輸入に関する厚労省からの通知発出について

お知らせ

【事務連絡】スマートドラッグの個人輸入に関する厚労省からの通知発出について

事務連絡
平成30年12月4日

公益社団法人日本動物用医薬品協会
会員所社 担当者各位

公益社団法人日本動物用医薬品協会
事務局

平素より協会事業にご理解とご支援を賜り、御礼申し上げます。

標記の件につきまして、いわゆるスマートドラッグ(※)の個人輸入について、厚生労働省から通知が発出されたとの連絡が、農林水産省経由でありましたので、別添のとおり、お知らせします。
(※精神神経系の作用を有する一部のものに「脳の機能を増強する」等の標榜を行い、海外のインターネットサイトから日本向けに販売されているものをスマートドラッグと呼ぶそうです。)

今回の通知により、通知の成分を含む人用医薬品等の個人輸入に当たっては、数量に関わらず、薬監証明を必要とする取扱いとなりました。
また、自己の所有する動物に使用する目的で上記の薬鑑証明を得るためには、獣医師の指示書を必要とする旨が当該通知に記載されておりますのでお知らせいたします。

今般、厚労省の通知を受け、この旨を農林水産省より、別添のとおり獣医師会宛にも連絡したとのことです。

内容ご確認の上、関係者への周知をお願いいたします。