トップ > お知らせ > 【事務連絡】 島根県松江市にてコブハクチョウの死亡個体より高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が検出され、我が国で今季初めて本病ウイルスが確認されたこととなり、家きん飼養農場での本病の発生リスクは極めて高い状況にあるため、防疫対策の再徹底について添付のとおり通知が発出されました。

お知らせ

【事務連絡】 島根県松江市にてコブハクチョウの死亡個体より高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が検出され、我が国で今季初めて本病ウイルスが確認されたこととなり、家きん飼養農場での本病の発生リスクは極めて高い状況にあるため、防疫対策の再徹底について添付のとおり通知が発出されました。

公益社団法人日本動物用医薬品協会
会員所社 担当者各位

公益社団法人日本動物用医薬品協会
事務局

平素より協会事業にご理解とご支援を賜り、御礼申し上げます。

標記の件、島根県松江市にてコブハクチョウの死亡個体より高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が検出され、我が国で今季初めて本病ウイルスが確認されたこととなり、家きん飼養農場での本病の発生リスクは極めて高い状況にあるため、防疫対策の再徹底について添付のとおり通知が発出されました。

また、環境省及び農水省より発出されたプレスリリースについても併せてお知らせいたします。

内容ご確認の上、関係者への周知をお願いいたします。